• ESTA(エスタ)、アメリカの電子渡航認証システム
    アメリカへVisa Waiver Program(ビザ免除プログラム)を利用して渡航される方は、
    全員ESTA申請による電子渡航認証の取得が必要です。
    ESTA申請は、米国国土安全保障省により、2009年から義務化されました。
    同行の渡航者は各自申請する必要があります。
    子供や幼児も個人のESTA(エスタ)認証が必要です。

日本は、米国のビザ免除プログラム(Visa Waiver Program:VWP)に参加しています。そのため、2009年1月12日より、日本国籍の方で米国に90日以内の短期滞在目的で渡航する方、もしくは米国経由で他国に 渡航される方は、ビザの取得が免除となりました。その代わりとしてESTA(エスタ)を申請をしなければなりません。

2~4名様のお申し込みは一人当り10ドルずつ、また5名様以上のお申し込みは一人当り20ドルずつ割引されます。

  • 渡航目的が観光・商用・通過 ▶▶▶ ESTA申請必要 !
  • ESTAシステムを利用すれば渡航する方がアメリカビザ申込書を提出するためにアメリカ大使館を訪問する必要はありません。ESTAはビザ免除プログラム会員国の国民にアメリカに渡航することができる権限を提供します。大部分のESTA申請は12時間以内に承認されますが最長72時間を要する場合もあります。

    下記の条件にあてはまる場合、ESTAに申請可能です。

    「ビザ免除プログラム対象国」の国籍でICパスポートをお持ちの方
    (日本はESTAが必要な「ビザ免除プログラム対象国」の対象国です。)
    アメリカ合衆国50州、もしくはアメリカ経由で他国に渡航する方
    (ハワイ・アラスカへの渡航者を含みます。)
    米国滞在期間が90日以内
    渡航目的が観光・商用・通過

    電子渡航認証は旅行者たちがアメリカに入国する前に個人がビザ免除プログラムによってアメリカを旅行する資格があるのかまたその渡航が治安及び安保危険要素になるかどうかの可否をアメリカ国土安全保障省(DHS)が事前審査することができる保安装置として追加したのです。

渡米目的が長期滞在、就労、留学等の方(例:米国への渡航目的が長期留学であり、90日間以上の滞在を予定している方)はビザ免除プログラムを利用できません。この場合、ESTA申請も不要となる替わりに、ビザの取得が必要となります。

  • ビザ免除プログラム会員国
  • アンドラ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルネイ、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、サンマリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、イギリス

    日本は「ビザ免除プログラム対象国」の対象国です。
  • 弊社のサービス
  • アメリカ入国には、電子渡航入国システム(ESTA)が必要です。ESTA(エスタ)申請は、米国国土安全保障省により、2009年から義務化されました。
    ESTAtour.comはビザ免除プログラムによってアメリカに渡航を予定している旅行者の皆様にわかり易く徹底したESTA申し込み管理サービスを提供します。受付時間は365日間24時間年中無休です。
    ESTAtour.comは、ESTA申請を申請者に代わり代行手数料USD69ドル(税込)にて行います。ESTAの申請処理及び管理サービスの費用69ドルには米国国土安全保障省により定められているUSD14.00ドルの旅行促進法の費用が含まれています。弊社はアメリカ政府(米国大使館)サイトで提供しない(お客様が間違って入力した情報の確認及び修正事項の通報、申請結果メール発送など)事項を提供しています。

    利用者への親切で素早い対応処理手続きと簡潔な処理
    申請結果の通知 : 弊社ホームページからの申請結果検索及びEメールまたはファックスによる申請経過の情報提供
    長年の経歴と専門知識を兼備したカウンセラー
    ESTA申請情報に対するデータ保存と検索サービス
    個人情報保護とESTA申請事項または承認書の安全な管理
  • 補足事項
  • ビザ免除プログラムで観光及びビジネスで渡米しようとする旅行者のすべては、旅行許可をもらわなければなりません。子供や幼児も個人のESTA(エスタ)認証が必要です。申請者がESTAを申請して決済まで完了した事が確認されると担当者が迅速に申請を検討して処理致します。しかし、渡航当日の申請依頼について責任の一切を負う事ができません。弊社では、お客様が渡航直前かどうかを判別する事が出来ない為、申請の作業は、進めさせて頂きます。ただ、当日の申請依頼により渡航出来ないなどのトラブルが起きた場合は、一切責任をとれません。ご了承ください。ESTAは米国への入国が保証されるものではありません。米国への到 着後には、ESTAとは別途、入国地にて税関国境警備局審査官による入国審査があります。この審査の結果、入国が拒否される可能性があることを予めご了承ください。
    ESTAtour.comは、米国国土安全保障省(DHS)又は、他のアメリカ政府機関と提携されておりません。 米国国土安全保障省(www.dhs.gov)のサイトを利用すると14ドルで申請できます。しかし、パスポート情報及び質問回答に間違いがあった場合はESTA承認保留及びESTA承認拒否になる可能性がありますので、ご注意下さい。ESTAtour.comは、アメリカ旅行を願うお客様のより安全な入国のために追加手数料35~55ドルで正確なESTA承認及びメール発送など持続的なサービスの提供のために専任の担当者が責任を持って管理します。